Singapore #2

シンガポール航空

 シンガポールに行くには二通りあって、タバコを吸いたいからJALに乗る人とスチュワーデスを見たいからシンガポール航空(SQ)に乗る人があって、すいません、わたしはSQに乗りました。(^^;
 さすがは世界一のSQ、機体はB777で液晶テレビ付きだわ、NINTENDOはできるわ、食事はうまいわ、さっそく酒かっくらって寝てました。
 往路復路ともほとんど揺れることなく快適なフライトでした。さすがSQ!

 面白かったのが帰りのフライトで、名古屋にあと30分ぐらいのところで機長からアナウンスがあって、「おはようございます、機長のLeeです。この機体はまもなく名古屋に到着します。最新のウェザーインフォメーションによると気温は1度・・・」とアナウンスされると、みんなごそごそとシートベルトを付けだした。なぜだ?(''?

Westin Stamford

客室からの眺め

 今回泊まったホテルはWestin Stamford。
 MRTの駅の真上にあることとラッフルズホテルに近いことが決めた理由だったけど、56階の部屋からはラッフルズプレイスの高層ビル群が一望でき、マリーナ湾を行き交う小船、外洋には大型の船舶、クラークキー・ボートキーのネオン、そして世界三大がっかりの一つ、マーライオンが見えるなど、眺めは最高。設備も上々だし大満足でした。
 ただ一つアレだったのがエレベーターの中で一台結構揺れるのがあって、高さが高さだけに(ホテルの中で世界最高の79階建)なかなか楽しめました。

 写真はWestin Stamford 56階からの眺め。マーライオンが見える(左下に1ドットほど)。

マーライオン

マーライオンの後ろ姿

 元祖マーライオンはその汚名に恥じずマーライオン公園からは後ろ姿しか見えず、対岸のエリザベス・ウォークからは小さくてよく見えない。
 マーライオン公園の小マーライオンが唯一心を慰めてくれる。

 左の写真はマーライオンの後ろ姿とウェスティン・スタンフォード。

マーライオン

エリザベス・ウォーク側から見たマーライオン

小マーライオン

小マーライオン

セントーサ島のマーライオン

 セントーサ島のマーライオンは汚名挽回もとい返上のために作られただけあって、目からビームを発射するほどの気合の入れよう。(ホントなんだってば!)

ラッフルズホテル - ティフィンルーム

 最終日の午後はティフィンルームでハイティー。

 予約の際に告げられた時刻に行くと長蛇の列。しかし、その実態はというと、「えーっ!? 予約ないとだめなんですかぁ!?」の日本人のおねーちゃんが7割。ホテルのスタッフに文句を言う人間には "Sorry, I can't speak Japanese, sir." とあしらっていたけど、日本語を解するスタッフは多いのだよ。あれは「予約もしていないような奴は来るな!」と意味だろうなと勘ぐってしまった。ホント頼むよ、これの為に昼食抜いて並んで待っている人間の身にもなって欲しいなあ。

 さて、味に関しては文句無し。ケーキ類も美味しいけど、点心が最高。海老シューマイなんかぷりぷりしててムチャクチャうまい。イギリスのアフタヌーンティーと中国の飲茶を同時に楽しめるなんて幸せ。

ティフィンルーム - 予約の仕方

 まず日本からラッフルズホテルに電話してティフィンルームにまわしてもらい、ハイティーの予約をしたい旨を伝える。
 名前と日時、宿泊先を聞かれる。イニシャルも聞かれたけどやっぱりKumeuchiが発音できなかったからかな。(''?
 その後ドレスコードの説明とシンガポールに着いたら確認に来るように言われる。

 シンガポールに着いたらティフィンルームに行って予約した粂内だけど確認に来たと伝えると予約リストを調べてくれて、「やあ、Westin Stamfordに泊まっているのか。いいホテルだね。」とお世辞を言われるので、「やあ、垂直方向の移動距離の方が水平方向のそれより長いよ。」と答えればいい。
 最後に予約した時刻を告げられる。

 当日は予約した時刻に行って、予約した粂内だけどと伝えれば「時間が来たら呼ぶから椅子に座って待っていて。」と言われるのでタバコでも吸って待っていればいい。
 待っていればいい、のだが! 例の連中のおかげでどれだけ待たされたことか。凸(--メ

ティフィンルーム - ドレスコード

 ガイドブックにはジーンズ不可と書いてあるけど、ジーンズにスニーカーでもOK。これは電話でしつこく確認した。「ジーンズはOKだが、買い物客は駄目だ!」と念を押されたけど、客の中にはヴィトンにプラダにカルティエの袋を提げたおねーさまがたがいっぱいいた。あれはスーパーの袋は不可という意味だったのか、危ない所だった。(^^;

ラッフルズホテルアーケード

 両親へのお土産をここで調達。
 「母親にプレゼントするハンドバッグを探しているのだが…」と告げるとウケがよかったのか、親切に相談に乗ってくれた。中華系の国にしては珍しいことだ。

ラッフルズホテル - ロングバー

 初日の夜にここで飲む。
 お約束のシンガポールスリングとかいろいろ注文したけど、一押しはチチ。南国のココナッツミルクはうまいねぇー。