Singapore #3

8/10,11 旅行申込

 二度目のシンガポールから戻ってきてからというもの、仕事が忙しくなるたびに「これが終わったらシンガポール行くぞ!!」と騒いでいたのになかなか行けなかったのだが、夏の終わりにどうやら一息つけそうなので決行する事にした。
 会社からは「いや〜、その頃に仕事入るかもよ。」と脅されているが、それでも行くぞ。絶対行くぞ! 休暇から戻ってきて、「もう、ずっと休んでていいよ。」と言われるのもまた一興。

 気合を入れて旅行の申し込みに行ったら、どうやらキャンセル待ちしかないらしい。出鼻をくじかれた。ホテルはともかく飛行機が満席らしい。代理店をいろいろ回ったのだが、行きの飛行機は大丈夫だが帰りの飛行機がないとか。それはそれでいいかも、と思ったんだけど、会社の人の嫌そうな顔が思い浮かんだんで、パス。マレーシア行きに変更してシンガポールまで鉄道で遊びに行こうかとも考えたが、ジョホール・バルならともかくクアラルンプールからでは何時間かかるかわかったものではない。この案もボツ。結局、キャンセル待ちに賭ける事にした。

 申し込みを終え一息ついていたら、最近結婚した弟からメールが入った。「シンガポールで財布を買ってきてくれ。」だって。結婚祝いに時計をプレゼントする約束をしてたんだけど、新婚旅行先のスイスで俺のと同じスピードマスター(ただしオートマチック)を買ってしまったので、財布ということで落ち着いた。
 最初は「いやー、オレ、ブランドなんてわかんないから。なんでもいいよ。」とか言ってたくせに、じゃあ「LV」のマークとかが入ってなくてもいいんだなと聞くと、「LV...ヴィトンかぁ! それ欲しい! エピだったら何でもいい!」だって。世間に俗されてるねぇ。

 ところでこの旅行の為に秘密兵器買ってしまいました。生まれて二十九年目にして初めて買ったフツーのカメラ、Canon IXY320。えー!? なんでー!? て外野の声が聞こえそうですが、いいんです、写れば。絵を気にするんだったら一眼レフか三代目CyberShot買ってます。それよりも、いつもポケットに入れて持ち歩いて、すぐに撮れる機動性を重視して、サイズだけで選びました。それに、予備のバッテリーに充電器に電圧コンバータに変換プラグにと、荷物の半分をデジカメ関係に取られるのもいい加減飽きてきましたし。

 さて、やれる事は全てやった。あとは天命を待つのみ。本当に行けるのでしょうか。警察から出頭命令が来てるというのに。

ホテル

 さて、ホテル。

 当初はマリーナ・マンダリンに泊まる予定だったが、ご覧のようなありさまで、旅行代理店のカウンターに着くや否や「八月下旬シンガポール行きで空いているツアーありますか?」ツアーの内容なんか二の次だったんで、MRT駅に近くて、ベッドと鍵の壊れていないドアがあって、逆流するバスルームと夜中に突然鳴り出すラジオがなければどこでもいいや。

 有望そうなキャンセル待ち(?)を見つけて、さて、どこに泊まろう。シンガポール中心部の地図は頭の中にあるはず。たしかウェスティン・スタンフォードに泊まった時、56階の部屋からジ・オリエンタルが俯角15度の位置にあったな。1階層4mとして、4*56=224m、それにtan(90-15)*π/180をかけて…、おっと、加法定理使わなきゃ。てなわけでジ・オリエンタルにしたんだけど、家に帰ってシンガポールの地図を広げて、しーまったー、グランド・ハイアットの方が駅に近いじゃん。しかも今回の最重要課題のラッキー・プラザのすぐ隣じゃん。オレもまだまだよのお。

 この選択が吉と出るか凶と出るかは行ってみてのお楽しみ。その前に、ホントに行けるのか?

キャンセルの嵐

「8月○日出発のシンガポール旅行はどれも満席で、ご予約を受け付けられない状態にあります。」
「じゃ、8月△日に出発日を変えて再度リクエストします。」ガチャン。

 これを何度繰り返したことか。こうなったらシンガポールじゃなくても台湾でも香港でも大阪でもどこでもいいから、とにかく絶対行くぞ。意地になってる粂内であった。

8/17 最後の挑戦

 意地になってる所を知り合いから「航空券とホテルを別々に取ってみたら…」と教えられ、最後の希望のH.I.S.に電話をかける。

「シンガポール行きはどれも満席になっております。台湾経由も香港経由も日本までの便がない状態にあります。」

 ちっ、それじゃ台湾旅行も香港旅行もダメか。

「ただ、ビジネスクラスはまだお調べしていないので、なんともわからないのですが…。」

 ビジネスクラス!!それは考えても見なかった。ビジネスクラス!!快適なエアライフ。ビジネスクラス!!豪華な食事。ビジネスクラス!!ブルジョアの象徴。ビジネスクラス!!ヤンエグの夢。ビジネスクラス!!男のロマン。

 「今からカネ持っていくからチケット押さえておいてくれ!」
夏の暑さと幾度ものキャンセル待ち願い下げに脳味噌のとろけたわたしには思考力は残っていなかった。早速H.I.S.に走った。半年分の食費を持って。

 なんとか無事にチケットも取れ、今度はホテルの番。
 机の上にシンガポールのホテルガイドを広げ、電話攻勢の準備。日本の代理店を通してたら返事に時間がかかる。この差し迫った状況ではシャレにならんと思い、直接現地に電話をかけることにした。

「8/27から2泊で、部屋に空きはあるか?」
「あります。」

 いきなり一件目で見つかってしまった。
 あまりにあっけなくて、料金を聞くのを忘れて、再度電話で聞く破目に。まぬけ。

 さて、これでチケットは取れた。ホテルも取れた(はず)。これで仕事が入ってキャンセルすることになったらシャレにならんよ。ただでさえ半年間水とカロリーメイトで生活しなきゃあかんのに。

追記
 仕事が入った。帰国したその足で打ちあわせに直行が決定。