Singapore #4

ことの発端

 ことの発端は、知り合いがシンガポールに楽器持って路上演奏しに行くという話しを聞いて、いいなあー、うらやましいなあー、でもシンガポールでそんなことやって大丈夫かなー、なんてこと考えている内に、自分でも知らない間に行きたくなってしまい、結局行く事になってしまった、てことっす。

 しかし、11月の頭なんて仕事が締め切りラッシュの時に、しかも前回のシンガポールで使ったクレジットカードの支払いがまだ口座から落ちきらないうちに、さらに年末の台湾行きのチケットを全員の分カードで立て替えて買ったばかりというのに、ホントに大丈夫なのかぁ? いや大丈夫じゃないだろう。冷静に考えれば。

路上パフォーマンス

 ところで、あの厳しいシンガポールでストリートで楽器弾いてもよろしいのでしょうか? (^^;
 シンガポールに詳しい人の話しによると、公演等を行う場合は許可が必要とのこと。公演といえるようなものではないけど、シンガポールの街中で楽器弾いている人なんて見た事ないしなあ。
 無許可で行って、警察の人に怒られたら引き上げようみたいな話しをしてたけど、メンバーの一人がシンガポール領事館に問い合わせて、公園などで他の人に迷惑がかからない程度なら問題無い、との回答を得、大手を振って行ける事に。
 これで入国審査の時に「いやー、知り合いに結婚式で弾いてくれって頼まれちゃってー。」なんてウソつかなくてもすむぞ。

10/12 航空券

 いきなり行く事にしたからなんの準備もしていない。日程も差し迫っているし、早速航空券を手配する事にする。

 格安チケットを扱っている会社に電話する。
「11/5出発、11/7帰国のシンガポール行きのチケット、ありますか?」
「行きのは手配できるんですけど、帰りはキャンセル待ちになってしまいます。」

やっぱりね。でも今回の粂内は今までとは違う。某所に電話する。
「11/5出発、11/7帰国のシンガポール行きのチケット、ありますか?」
「はい。大丈夫です。ご予約しますか?」
ふふふ。にやり。

 シンガポール航空名古屋支社にチケットを受け取りに行く。席のリクエストも出すだけ出しておく。これで当日2時間前に空港に行って旅行会社のカウンターでチケットを受け取る必要もないし、しかも受け付けのおねえさんは美人だった。さすがSQ!

 11/4-5を有給休暇にすれば夢の5連休でシンガポールを満喫できるところだったけど、仕事がやばそうだったので11/5のみ休みにしてシンガポール1泊3日の旅。ふつうこんなことしないよね。(^^; しかも帰国したその足で大学のOBコンサートの練習に参加。

 チケットも手に入ったし、ホテルもどーにかなるでしょ。あとは仕事が入らない事を祈るのみ。(こればっかや、ホンマ (^^;)

 どーでもいいけど、これが今年3回目のシンガポール。

楽器の運搬

 楽器を飛行機で運搬することについて、シンガポール航空からの回答は、
「規定のサイズを超えるので機内持ち込みはできない。貨物室預かりになる。ただし、易損品という事で万一壊れた場合も補償できない。」
でした。まあ予想された通りです。
 今回の話しを持ち掛けてきた人の所属する団体が海外公演(こちらは正式な公演です)に行った際、楽器を貨物室に預けたらネックが折れたという事があって、できるだけ機内持ち込みにしたいところだが、チェックインカウンターでごねるだけごねて、それでも駄目だったら万一の時は携行品保険で修理する事にしましょう。約款には易損品は免責である旨書かれていないので。

ホテル

 他のメンバーもチケットを取れたらしく、ホテルもOrchard Hotelに決定。初めてのOrchard宿泊。
 早速Asia Travelにて予約を入れる。最近non-smoking roomがデフォルトの雰囲気なので「高層階のスモーキングルームよろしくね。」とリクエスト出したら、返ってきたメールには「Non-smoking room and higher floor noted (subject to availability).」ヲイヲイ、官民挙げてオレにタバコ吸わせない気か!?(^^; 訂正するようメールを入れる。
 気になるお値段はシングル一泊でS$138+++。日本の旅行会社手配とそう変わらない値段。

HOLD-O-MATIC

HOLD-O-MATIC

 ところで、関係者はご存知なようにマンドロンチェロは本来座って弾くもの。東急ハンズでなにやら材料を買って、立って弾けるような装置を製作しました。
 なにやってんだか・・・。(^^;

メンバー紹介

 ところで簡単にことの経緯とメンバーを紹介。
 まだまだ不況の続くこのご時世に、こんなことのために有給を取ったなんてことが上司にバレるとリストラの対象になりかねないので、人物は一部仮名で紹介。考えすぎ? (^^;

 関西に母体を置く「京都マンドリンオーケストラ」は海外公演を行っているが、今年8月の北京公演に際しての練習後の飲み会で、また海外演奏をやりたいね、ということになったらしい。
 スガハラ隊長達は、去年ドイツで行われた国際マンドリンフェスティバルの帰りに立ち寄ったイタリアのフィレンツェで路上演奏をしてきたそうである。それも、大胆にも藤掛さんの「パストラル・ファンタジー」を! そんな彼らの間でまた路上演奏の気運が高まり計画が実行された。

 そういう素晴らしい経歴(?)の持ち主の隊長(ギター)・氏本さん(マンドラ)・とーるさん(ギター)・きのやん(マンドリン)を中心に、一絵「おねえさま」(マンドラ)・さりえりさん(マンドリン)・粂内(おまけ)が集まり「新京都マンドリンアンサンブル」が結成された。(笑)
 と思いきや、さりえりさんがDDRのやりすぎで足の故障を理由に残念ながらリタイア。そんな〜、もうチケット取っちゃったのに〜、てことでおねえさまの妹さん(一般人)の千絵さんを急遽巻き込んでメンバー決定。おねえさまはマンドリンにコンバート、妹の方は演奏中はショッピングに。

準備

 わたしがギリギリのタイミングで参加して飛行機のチケットも危ないところだったのに、みんなはなんとまだ手配していなかったらしい。うーん、さすがいきなりシンガポールでストリートライブやろうと考える連中だけはある。(^^; さすがだ。

 ホテルは四つ星で一泊一室\10,000〜\12,000の線で探して前述のOrchard HotelがJTB手配で\9,700。各自手配してくださいってことで、わたしはAsia TravelのS$138で予約。みんなより安くついたと喜んでいたら「+++」の意味を忘れていた。まぬけ。(^^; 結局税込みで日本円にして一万円をちょっと超す程度。ま、いいか、こちらは朝食・プール・フィットネス込みだし。(笑)

 選曲もメールで行う。シンガポールでメジャーな曲をやろう派、いや日本の曲をやろう派、いやいや知名度よりインパクトが大事だよ派に分かれて喧々囂々の大議論、てなわけでもなくなんとなくそれなりにしっくりくる選曲になった。よね?

11/4 前日

 先発隊の一絵千絵コンビはシンガポールに出発。おねえさまは思い立ったらアジア諸国漫遊の旅に出る人だから海外旅行になんの問題もなし。それどころか、こんなリッチな旅、初めてとちゃうかな?

 わたしはというと、本来なら10月末から11月頭にかけて出荷ラッシュのはずだったが、締め切りが延びて、それでもブツだけは本来の締め切りに合わせて作ってあったから、ヒマでヒマで。こんなことだったら今日からシンガポール行けばよかったわ。
 いやー、ヒマすぎて風邪引いてしまいましたわ。

 本業はそんな感じで暇だったんだけど、旅行関係が結構ハラハラされられました。JALカードが届いたのが旅行前日だったし、KrisFlyerのメンバーカードに至っては、どうも南パタゴニアのわたしの別荘に送っていたらしく、再送してもらうも旅行には間に合わず。